ヒラヒラ帝国ブログ版 Air/まごころを、君に

KUROI Kozi Official Weblog

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【TMS2015】レクサスは和製AMGの夢を見るか?

ごきげんよう、日産党の黒威です。
常々申しておりますが、私は日産党です。普段からベンツ推しなのは止むを得ない事情からです。

さて、今回の東京モーターショーで私が一番目か二番目かにお気に入りだったクルマを紹介しましょう。

20151111_01598s.jpg

20151111_01597s.jpg

20151111_01612s.jpg

お題:レクサス GS-F
得物:SONY α7 II+Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS(SEL1635Z)

です!RC-Fじゃないぞ!GS-Fだ!
(注:正確には“GS(半角スペース)F”のようですが、ハイフンで表記しますウチは。だってLFAとは違うしさー。)

以下、字数多めでGS-F好き好き言うブログの始まり始まり~♪


まぁ、現行GSは大好きなんだけどね私。

脱アリストして先代5尻寄りになったシュッとしたスタイリング。アウディパクリグリル採用車の中では一番上品で端正なお顔。
前席も後席もそこそこマトモな着座位置やらヘッドクリアランスやら。(長時間乗ったことないからシートの出来は知らん。)
あんまりゴチャついてないインパネ、奇をてらってはないけど落ち着いた内装…エトセトラエトセトラ。

竹内装なんかみんな(無料コーヒー飲みにディーラー行って)実車見てみ?竹内装白革のGSとかマジ最高だぜ?
ベンツのチェスナットウッドパネルとはまた違った良さがあるからアレ。

さて、個人的にはLSより好き好きなGSに今回Fが登場!Fって何!フェラーリ仕様!(違
つかデトロイトでは10ヶ月も前にお披露目してるんだけどまだ売ってないし今回もひっそり床置き。さすがに施錠済み。

個人的には上品なお顔が大好きだった前期GS、後期からプレデター度が増し増し!ひっでえな何コレ!
でも現行ISもこのGS-Fも、ブレーキ冷却経路をきっちり作り込んであるのは個人的に高評価。ナンバープレート横の穴な?
あとのこのカーボンリップ(C-FRP製)めちゃくちゃかっこいいよ。さすがトヨタ。ベンツのアフター品だとこうは行かん。

20151111_01585s.jpg

あとね、ボンネット・フェンダー・バンパーのチリな?めっちゃくちゃ狭いから!詰めッ詰め!
でもって段差なんかないから!ヘッドライト周りヘンなカタチしてるけど段差とかないから!おいベンツ聞いてるか!
出荷直後のW212後期とかW222とかこの部分酷かったので、さすがトヨタ。各社Eセグ車中、間違いなくトップの仕上げ。

このなんかインプレッサみたいなロリンザーみたいなフェンダー?ここはたぶん樹脂っぽい。ぽいぽいぽいー。
触ったら柔らかかったから。ボコってへこませて作った普通のフェンダーの上から貼ってるんじゃないかな。知らんけど。

20151111_01590f.jpg

つかここはダミーじゃなくてちゃんとエンジンルームから空気抜けるようになってんのかね?なってたら素晴らしいわな?

ここ一番だっせえトコ!前後ドアのBピラー化粧板とサイドミラー!
アウディのS系みたいなアルミ風めっきかなと思ったら、銀色?灰色?の塗装wwwタミヤカラーで塗ったみたいなwwwww

20151111_01580s.jpg

あのな、トヨタよ。カーボンの部品かっこよかったやんさっきのトコ。めっきも上手やんトヨタは。
なんでここ灰色やねん!!W210のアバンギャルドみたいにカーボン柄にしとけよ!この色絶対ダサいから!
ひょっとしたら普通に黒とか艶消しの黒にしといた方がかっこいいかもしれん…なんで灰色に塗ったトヨタよ…

はいコレかっこいい方のパーツ!C-FRP製のリアリップスポイラー!ベンツのアフター品だとこうは行かん(二回目

20151111_01578f.jpg

実際、現行C63Sとかでも同様のものは付いてますが、角度が全然違いましてな。
ベンツのはもっと角度立ててあるの。お前エアブレーキかっていうくらい立ってるC63Sのは。
あのレパードJフェリーみたいな現行Cの垂れケツに急角度のリアスポはヤングオート感ありありで。ちゃんと風洞に入れてダウンフォースを計算してあの角度なのかどうかわかんないけど、こっちの方が「カタチとしてはキレイ」。

前述の通り施錠されてたので内装はガラス越しにしか見えず、しかも光の関係で写真にちゃんと写らなかったのね(苦)?
そこでトヨタ紡織ですよ奥さん。あのBMW i3/i8のシートを手掛けたトヨタ紡織が、GS-Fのシートを展示しておりましたですわよ。

20151111_01127f.jpg

GS-F用シート!表皮一体発泡工法!とか書いてた!たぶんRC-Fも同じシート!
「表皮一体発泡工法って何がエエのん?」
「あのねお客さん、普通はウレタンの上から皮を被せまっしゃろ?ちゃいまんねんコレは。最初っから皮の裏にべちょーっとウレタンが引っ付いとりまんねん。JINBA-ITTAI!(わからない人はスリーピー・ホロウを見よう)」
「ほな、普通の作り方のやつと比べて何がエエのん?」
「背中やら腰やらに、こう、吸い付くようにフィットしまっしゃろ?え?どないです?」
「ああ…まぁ確かに…」

…まぁフィット感はいいのよ実際。
でもウレタンウレタン言われると、「長時間座ったときにウレタンへしゃげて腰痛い痛いにならへんのん?」と。
いわゆる普通の本革シートの、「表皮の張りだけでテンションを維持していた場合の、長時間着座による表皮伸びが引き起こす座面状況の悪化」は無いぞという言い方なんだけど、ウレタンの向こう側にどういうバネが入ってるか見てみないと何とも…

吸い付くようにっていうのはW124のシートに座ってから言ってほしいものですね。(マジ凄いから。宇宙一かなと思う。)

あ、なんかけなしちゃったっぽい?ぽいぽいぽぽぽぽいー?
じゃあね、トヨタの良心を感じたポイントを紹介しよう!

20151111_01136s.jpg

タイヤ!スポーツマックスクスとかいう安物接地感希薄タイヤじゃないぞ!パイロットスーパースポーツだだだ!!!
頼むからその一銘柄だけにしといてくれ!間違ってもマックスクスはやめてくれ!
あとこれホイール鍛造!19インチBBS製鍛造ホイールってカタログに書いてあるらしい!みん○ラで見た!

ワシマイヤーが倒産してから「BBS製」の定義があいまいなんだけど、会社組織上ワシマイヤーは現BBSジャパンと読み替えていいはずだし、ドイツBBSは鋳造品しか作ってないので、これは結局「旧ワシマイヤー製鍛造ホイール」ですな。
やった!ワシマイヤーだ!標準でワシマイヤー鍛造とか最高だろオイ!
(ワシマイヤー鍛造にやたら反応するのは日産党の性です。大好きな大好きなBNR32用ホイール、な。)

20151111_01137s.jpg

あとリアブレーキも前世代AMGと同じく対向4ピストンです片押しじゃありません。
効きやフィーリングは乗ってみにゃわからん。しかしココは金ケチってない。

でもオレンジ色にFのシールはダサいわ。センス疑うわ。ないわー。
これオプションだって。お金出してわざわざダサい色とシール(実際にはシールじゃないと思うけど)。黒のまんまでよくない?

20151111_01440s.jpg

あとちょっと面白比較コーナー!
レクサス GS-F。国産Eセグメント1200万円級スポーツセダン。エアバルブ、金属製。

20151111_01452s.jpg

メルセデスAMG C63S。ドイツ製Dセグメント1325万円スポーツセダン。エアバルブ、ゴムのやつ。

結局ね、「お前こんな高い金ふんだくって○○かよ!」って言わせないクルマ作りなのかなとちょっと思った。
タイヤ然り、ホイール然り、バルブキャップ然り、外装品質然り…
最近のAMGはその真逆を行ってるから「ちょっとどうなんそれ」的なことをたびたび言ってるんだけど私はね、トヨタはそこんとこよーくわかってるんだと思うわ。素人に指摘されるような部分で手抜きしてる素振りは見せない。この部分で明らかに意図的なチューニングを感じる(笑)。

だから実際走ってどうなのか、は別ね。ここまで褒めといてナンだけど(笑)。
だってさー、やっぱ高い金払うクルマは露骨にコストダウンの跡が見えたら腹立つだろよ。タイヤとかブレーキとか。

コストダウンとか言い出すと、GS-Fはエンジンも変速機も他車と共通とかキャリーオーバーとかそういう話になるんだけど…

エンジン、5リッターNA。たまたま今のトヨタには過給エンジンのノウハウが不足してるから結果としてコレ積んでるんだろうけど、NAの方がいいぞ?500馬力級の高出力エンジンだろ?ターボなんか熱害怖いぞぉ?M4のエンジン見たか?
変速機、DCTじゃないコンベンショナルなトルコンAT。8速だけど、ZFの8HPじゃなくてアイシン製な。でもさぁ、ZFは壊れるぞ?バルブボディ弱いぞ?今掃いて捨てるほど路上に溢れてるF30、10万キロ走れるかね?アイシン製のAT、バルブボディ壊れたって聞いたことある?オーバーホールしたとかそこかしこで言ってる?

あとはほら…ベンツやポルシェみたいに20年先まで部品供給さえしてくれれば、ねぇ(笑)?

| モタショ | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT