ヒラヒラ帝国ブログ版 Air/まごころを、君に

KUROI Kozi Official Weblog

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2016年 宙組『エリザベート-愛と死の輪舞-』(宝塚大劇場)

昔からちょこちょこヅカには行くんですけどね、毎回「あー面白かった」とか「イマイチ」とか言ってそれっきり。
せっかくだし、行ったよーっていう記録を残しておきたいので、感想をブログに残していこうと思います。

20160730_2497s.jpg

今回はベルばらに次ぐ定番中の定番、エリザベートです!

■ 主な配役
トート:朝夏まなと
エリザベート:実咲凜音
フランツ・ヨーゼフ:真風涼帆
ルイジ・ルキーニ:愛月ひかる
ルドルフ:桜木みなと(役替わり)
ゾフィー:純矢ちとせ
少年ルドルフ:星風まどか
マダム・ヴォルフ:伶美うらら

えー、恥ずかしながら私、エリザベートを観るのは今回が初めてです。
つづく。


20160730_2503s.jpg

■ 意外とモダンな演出!?

諸説あるでしょうけれども、宝塚で古典と言ったら私の中ではベルばらとエリザベートなのです。
なので、ベルばら同様のクラシカルで重厚な音作りや演出を想像していたのですが、幕が上がってビックリ!存外にナウい!
これは後で公演パンフレットを見てわかったのだけれど、今回から演出に若い女の人の手が入っていたのですね。納得。
後述の要素と相まって、モダンな雰囲気の方が合ってるかなぁと思いました。
ベルばらみたいに植田センセをどうにかしろみたいな話にならなくて良かった(笑)。

■ 朝夏トートがどっからどう見てもバンコラン!!

トート閣下というと銀髪ソバージュのイメージが強かったのですが、今回のトート閣下は黒髪ストレート。
メイクも青紫のシャドウなんか入ってるもんで完全にバンコランですわこれだけは異論は認めません(笑)。
尚且つ、衣装が昔のやつだとスパンコールがジャンジャンバリバリだった気がするのだけれど、今回は装飾そのものはシンプルにしてシルエットを強調したものが多かったように感じます(個人的には大好きです)。よってますますバンコラン。
美しいのは美しい、でも人外感は薄い印象でしたね。

■ マダム・ヴォルフが美しすぎる!!

上演中はなるべくバレないように静かにしてたんですが、隣で観てた人にバレてました(苦)。
はい、伶美うららのマダム・ヴォルフめっちゃ好みですドツボです。

■ トート閣下×ルドルフ、のルドルフ。

ルドルフは役替わりで、観る時期によってキャストが変わります。私が観た日は桜木みなと。
本当は他の人のを観てみないと良いとか悪いとか言えないのだけれど、この人のルドルフ、顔が幼いというか気弱そうというか、そういう雰囲気が出てて、二幕のおいしいところをガッツリ持って行ってしまいました。
『闇が広がる』で銀橋まで出ていくところがあるんですけれども、そこなんかトート閣下に引っ張られて引き摺られるような足運び(ズザーっと滑ってる!)をされていて、芸が細かいなぁイイなぁと思って双眼鏡で凝視してしまいました。
要するにあれ、受けキャラ演出めっちゃ効いてた。ごちそうさまでした。

■ 総評=最っ高です。文句ナシ。

私にとっては幸か不幸か今回の宙組エリザが正真正銘初めてのエリザベートです。
宙組エリザといえば、歴史に名を遺す大作(と私は思っている)1996年の宙組エリザがあり、当時は私もすごく観に行きたかったのですが、結局叶いませんでした。ずんこトートといえばその歌唱力に定評があったと記憶していますが、さすがにその辺りと比べると線が細い感は拭えないと思います。(動画配信サイトでチラ見した限りアレは格が違う。)
比べる比べないは別としても、「線が細い」というのは、開演数分後に朝夏トートの第一声を聞いての私の正直な感想です。
ただ、もっと歌のヘタな男役トップは過去に何人も見てきましたし、今回の公演全体を通してそれが足を引っ張るほどのネガになっているとは思いませんでした。
また、(実咲凜音のシシィをはじめとして)今回の公演は視覚的要素でダメな部分が非常に少なかったと思います。先の花組エリザでのみりおトートの突出した美しさは別格としても、平均的に見て「わぁみんなキレイ!」と言えることはとても重要です。
以上、トータルバランスに優れた素晴らしい公演だったと思います。お値段分の価値は十二分にあったなと。

20160730_2493f.jpg

あとあれ、トート閣下のトートバッグ買いました!!(これが言いたかった

| 観劇 | 23:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT