ヒラヒラ帝国ブログ版 Air/まごころを、君に

KUROI Kozi Official Weblog

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

緊急試乗、NEX-5N!!

DSC00132.jpg

9月9日にロールアウトしたNEX-5N。
編集部ではいち早く実車を購入し、その真の実力を問うべく、国産280馬力軍団と共に早速筑波へと持ち込んだ!
(ナレーション:神谷明)

…ごめんね旧ベスモ信者で(笑)。以下、続きます。


さー、待ちに待ったNEX-5Nです!
私のは11日に届いて、今日は筑波サーキット…ではなく、六本木のいつもの山坂道(笑)に持ち込みました。

レンズは悪名高き16mmのパンケーキ、SEL16F28。
細かい設定はEXIF情報を見てもらえばわかりますが、私自身NEXは今回が初めてで、なおかつ取説をまったく読まずに持って出たので、全部開放のISO1600で撮ってたかと思います。
但し、レンズ補正機能については事前に聞いていたため、「周辺光量」「倍率色収差」「歪曲収差」の3項目のうち「歪曲収差」のみONにしてあります。
LR3はまだNEX-5NのRAWには対応できないため、今回は撮って出しのJPEGデータをCS5でリサイズのみとしてあります。

DSC00040.jpg

DSC00098.jpg

DSC00105.jpg

高感度番長の呼び声高いNEX-5N、勿論ノイズが出ないわけではないですが、「なんかWEB公開サイズにリサイズしちゃったらそれでいいかなー」くらいの穏やかな出方に留まっています。α55は既に手元に無いため比較できないのが残念ですが、まぁなんか専門サイト見て下さいその辺は。

ただ、画質よりもむしろ使い勝手が恐ろしく良いですコイツは。
悪名高きパンケーキ(二回目)との組み合わせでは完全にコンデジサイズ、タッチパネルによる測距点設定でオートフォーカスらっくらく、「約0.02秒・世界最短」をうたうレリーズタイムラグのおかげで“内壁が四六時中ヘンなグラフィックを投影し続ける”ような特殊環境でもそれなりのリズムで撮影が可能…エトセトラエトセトラ。
正直α55と似たり寄ったりだったらどうしようと不安に思っていたところもあるのですが、これは良い買い物だったとメチャクチャ上機嫌です今は(笑)。

ウワサの有機EL式ファインダーは遅れて購入予定ですが、いやいや、案外どノーマルでも使えますよコレ。
とりあえず取扱説明書をちゃんと読もうと思いますこれからwww

| クルマ | 23:38 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT