ヒラヒラ帝国ブログ版 Air/まごころを、君に

KUROI Kozi Official Weblog

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

来て見て触って、マクラーレンのお店!

というわけで、今のところ日本で唯一の販売店、唯一の展示車、マクラーレンMP4-12Cを見て来たよー!

DSC01811s.jpg

「何がやねんどうせ“見た”だけやろ」ってな?鍵掛かってたと思うやろ?乗れるわけないと思うやろ?
なんせ2790万やもんな?ヤナセでSLK触るのとはわけが違うわな?
乗れるわけない。私もそう思ってました…





DSC01798s.jpg

ちゃんと乗ったっちゅーねん(笑)!
以下、ひっさびさの一車種限定画像多めの内容でお送りします!


DSC01790s.jpg

まずは、お約束の比較をしてみましょう。ボディサイズに注目。

マクラーレン MP4-12C (2790万円)
全長×全幅×全高:4507×1909×1199mm / ホイールベース:2670mm / 車重:1336kg
3.8リッターV8ツインターボ(600ps/7000rpm、61.2kgm/3000-7000rpm)

フェラーリ 458イタリア (2830万円)
全長×全幅×全高:4527×1937×1213mm / ホイールベース:2650mm / 車重:1380kg
4.5リッターV8自然吸気(570ps/9000rpm、55.1kgm/6000rpm)

メルセデス・ベンツ SLS AMG (2430万円)
全長×全幅×全高:4640×1940×1265mm / ホイールベース:2680mm / 車重:1620kg
6.2リッターV8自然吸気(571ps/6800rpm、66.3kgm/4750rpm)

最後の比較車がガヤルドでなくてSLSなのはウチのサイトならではです(笑)。

・・・

■ 第一印象…「思ったより小さい!」

実際に見ると、写真で見るより小さく感じます。「なんや馬鹿デカイな~w」が第一印象のSLSとは対照的に。
フェラーリもなんか最近のモデルはそれもでろ~んと大きい感じがしますが、それとも違う。寸法的には458イタリアと似たり寄ったりなのに、です。
ガヤルドはMP4-12Cや458イタリアよりも20cmほど短いですし、実際に物凄くコンパクトに見えますが…その「が」ってなんやねん、と。

DSC01772s_2.jpg

DSC01792s.jpg

■ 「これは振り回せる!」と思わせる造り

展示車は右ハンドルでした。や、イギリス車だから右ハンドルでいいんですよ全然(笑)。
で、乗ると、MR2みたいな感覚!!!!!
「なんや2800万もすんのにそんなチャチいんかい?」ちゃうねん!車輌感覚物凄く掴みやすいように作ってあるねん!
ボディ外寸は数値上458イタリアと大差ありませんが、この“感覚の差”だけは乗ってみないとわからない!
私の印象だと、SLSのときは「うわーこれは無理やわw」が、MP4-12Cは「これはイケるかもw」。

DSC01793s.jpg

ちなみにシートめちゃくちゃ背中への吸い付き良かったですこれ。形状イイですよコレ。

DSC01797s.jpg

気になる後方視界はこんな感じ。右ハンドル仕様の運転席から振り向いたらこの状態です。

DSC01802s.jpg

排気温度高そうなターボ車でマフラー出口がリアコンビランプの間にあって、リアウィング周辺はヴェイロンばりのエアブレーキ駆動装置が鎮座してる…さぁ、バックカメラどこに付けるかなーこれは(笑)。屋根の後端部にシャークアンテナ風カバーで覆って~ってパターンでしょうね実際。

■ 「男の仕事場」的スパルタンな~なんかそのアレ

センターコンソールは細く、最近のフェラーリみたいに五月蠅くありません。一貫してシンプル・イズ・ザ・ベスト。
ステアリングに変なスイッチいっぱい付けたりしてない。
オーダーすればフェラーリみたいなベージュ本革ギラギラ仕様にデコレーション出来るんでしょうが、それでも基本設計の優秀さは揺らがないでしょう。SLSも、コレ見ちゃうとダメ。

DSC01795s.jpg

液晶モニターのプチプチはこれ、保護フィルムに入ってる空気です。

DSC01799s.jpg

■ だからと言ってチャチくはない!

クルマの内装で言う「上質」の定義は人によって異なるでしょうが、質素であるからと言ってチャチくはないですMP4-12Cの内装は。エアコン吹き出し口ドーン!ステッチドーン!めっきかアルミか知らんけどドーン!っていう自己主張激しい最近の高額スポーツ車とはちょっと違うアプローチですね。

DSC01800s_2.jpg

DSC01777s.jpg

センターコンソール、一昔前にボルボがナンチャラデザインって言うてやたら宣伝しとったカタチやwww

■ あとはなんか各種ディティールをご覧下さい。

DSC01784s.jpg

膨らんでますね。コラそこ「私のマーチと一緒♪」とか言うなwww

DSC01783s.jpg

DSC01787s_2.jpg

ドアノブはありません。あの辺をさわさわすると開きます。

DSC01804s.jpg

リアウィンドウ両脇は放熱用のエアアウトレットでしょうが、リアクォーターウィンドウに併設されてるのはエアインテーク…かな多分?

DSC01806s.jpg

ナショジオ工場シリーズのヴェイロンの回で「航空技術のフィードバックでどうのこうの」ともったい付けてた(笑)リアウィング/エアブレーキ。SLRのそれよりも大きく、SLSのそれよりも急な角度まで立ち上がるので、かなり効くんだろうと思います。

■ フルヌードをご堪能下さい。

まずは後ろから。

DSC01824s_2.jpg

DSC01823s.jpg

DSC01819s_2.jpg

ロアアームがかなり長いように感じます。ダンパーは直立に近く、かなりストロークさせる設計?

DSC01814s_2.jpg

マフラーの取り回しはこんな感じ。

キャビンは“カーボンモノセル”というカーボンをバスタブ型に整形した構造物でできています。
SLSの“マグナシュタイアで作らせてる”アルミスペースフレームをして「あれは安いで!」と言っていた私ですが、これを見て考えが変わりました。ホンマに安いのんは絶対こっちやろ(笑)!

DSC01831s_2.jpg

ペダル類はあそこで固定。ガッチガチやで。

DSC01826s.jpg

パワステユニットと、左右ダンパーを接続して油圧制御してるやつのポンプらへん。(テキトーw)
マクラーレン曰く「スタビライザーを付けずに代わりにコレ付けてる」という機構ですが、これヤマハが80スープラに付けてたアレと同じかと思ったら、油圧ポンプ持ってるから全然違うんですね。失礼しました。

DSC01828s_2.jpg

・・・

いやー、良かった。ガヤスパ見たときもイイなーと思ったけど、これはもっと良かった。
買うわ!買う!

…宝くじを。

| クルマ | 22:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT